三陸おのやについて

三陸の釜石 -限られた魚だけしか「三陸おのやのさかな」には、なれない。-

漁場:寒流と暖流が交わる三陸沖。たくさんの魚が集まる好漁場。

三陸沖は、黒潮(東シナ海を北上して日本沿岸を北に向う暖流)と親潮(千島列島に沿って南下し日本の東まで達する寒流)がちょうどぶつかり合います。これを潮目と言いますが、黒潮とともに北上してきた魚が、親潮の植物・動物プランクトンによって繁殖し、さまざまな種類の、たくさんの魚が集まる漁場となっています。漁獲量も豊富な優良な漁場として、世界三大漁場のひとつに数えられています。

拠点:地名の由来も魚に縁のある釜石。三陸おのやの地元です。

一方、沿岸は典型的なリアス式海岸で、大小無数の川がミネラルを含んだ水を海に注いでいて、沿岸もまた魚介類の宝庫。この豊かな三陸の漁場を前にしているのが釜石です。その地名は、アイヌ語の「クマ」(魚が集まる平らな大きい岩という説と、魚を干す棚という説がある)と「何々がある、何々が多い」という意味の「ウシ」で「クマウシ」が語源ではないかとされており、いずれにしても昔から魚や漁場に縁深いところでした。ここ釜石が「三陸おのや」の拠点です。

目利き:年ごと日ごとに変わる旬の時期。その見極めが勘どころ。

三陸おのやは、旨いさかな料理をつくるために、まずいい魚を選ぶことから始めます。長年、魚と向き合ってこなければわからない、経験と知識の蓄積が魚の目利きを可能にしています。旬の時期といっても幅広く、漁場も広範囲なため、情報網を駆使して毎日こまめに魚をチェックし、最終的には、実際に食味を確かめた上で魚を仕入れます。サバ、サンマ、イワシ、サケ、カキなど、三陸の魚介が中心になりますが、魚種や時期の条件によっては一部海外まで漁場を求めます。

ご注文・お問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜17:00 月〜金(祝祭日を除く)
24時間受付

注文用紙のダウンロードはこちら